<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
でんでんむしむし。
a0123307_22195763.jpg

1週間ほどまえのこと。

冷蔵庫から取り出した野菜を洗っていると・・・・

ぽと。

何かが落ちました。

かたつむりの殻(死骸)だわ~と思って後で捨てようとよけておいたのですが、
実は生きていたようで、

もう一度 目を向けたときには、「でんでんむし」の形になっていました。笑

冷蔵庫でよく数日も生きていたね!
冬眠してたの?
すごいね!

8ミリくらいの小さい小さい赤ちゃんかたつむりです。

翌日、川辺の茂みに放そうと連れていったら、
なんと 草が綺麗に刈られて裸んぼうになっていました。

『これじゃあ、この子の住まいがなくて鳥に食べられちゃうわ!』

そうだ、紫陽花の植え込みに放そう。

そう思って、近所の紫陽花が群生している場所へ連れて行ったら、そこも
刈られていて、葉という葉がない。

『これじゃ、何を食べて生きていくの?』

仕方なしにまたうちに連れて帰り、しばらくホストマザーになることに
しました。笑

もぐが食べたチンゲン菜の芯の部分に住み、おこぼれの葉をもりもり
食べ、なんだか1センチくらいに成長してきました。

実はかたつむりとか、虫とか怖いんですが・・・。
今週中には、大きな公園の刈られる心配のない場所でリリースしようと
思っています。

愛着わいてきて、心配で心配で、よくない傾向。笑
自然の中でたくましく生き抜いていってほしいです。

☆おまけ
お野菜もりもり食べているもぐの様子
春菊と大葉が大好きです。

[PR]
by milprimavera | 2012-03-28 01:53 | others
もりもり!
a0123307_2218772.jpg

朝夕二回の新鮮お野菜食生活を楽しんでいらっしゃる様子のもぐさん。
5種類以上を・・・・となると結構大変です^^;

でも、やっぱりね、一番すきなのは牧草なんだそうです。

病み上がりで牧草をがつがつ一気に食べると、またうっ滞になる危険性が
あるので、ちょこちょこあげているのですが、

「もっとよこせー」
と言わんばかり、漫画のように突進してきます。

本当に、わかりやすい性格のお嬢さんです(笑)

写真の整理をしていたら、うちにお迎えした頃の写真がたくさん出てきました。
わ、もぐちゃん、ちっちゃかったねー!!
750グラムだったもんねえ。
a0123307_134259.jpg

色がまだ薄いですね。
お迎えして丁度1年ともうすぐ2ヶ月になります。
新幹線も乗ったし、車で関西往復もしたし、保育園にお泊りもしたし、
入院もしたし、うさんぽもしたし、
色々経験してきました。

あまり「長生きさせたい!」と気負うとろくなことがない教訓があるので、
今日を元気に過ごせたことに「ありがとう」を
何百回 何千回 言い続ける喜びをめざします。

適当に 楽しく!
適度に 正しく!

がんばっていこうね、もぐ。
[PR]
by milprimavera | 2012-03-26 01:39
マジョルカパールで。
a0123307_221653.jpg

久々にネックレスを作りました。
正確にいえば、リメイクです。

マジョルカパールは暖色で温かみがある色なので、アイボリーのビロードの
リボンをつけて、2連でちょいゴージャスに。
フェイクじゃないので重いです(--;

ちょこっとずらしてもカジュアルになってかわいいかも?
a0123307_1272423.jpg

[PR]
by milprimavera | 2012-03-24 22:13 | handmade
もぐ、ピンチでした。
a0123307_1374858.jpg

お久しぶりです。

あまりにも更新しなくて、投稿しても誰も見ていないんじゃないかという(^^;
気もいたしますが、書いてみます。

実は・・・
二週間ほど前、もぐに大ピンチな事態がおこってしまったのです。

よく食べ、よく寝て、病気知らず!と思っていたもぐが、病気になりました。

うさぎの病気の本や、うさぎ飼いさんから聞いたことのある、
「うっ滞」という胃腸の動きがとまって命が危険にさらされる病気です。

3月3日の夜、いつものように夜ごはん(ペレット)を元気に食べたもぐ。
その後、いつものように遊んでいると思ったら、元気がない。

おやつ(りんごを乾燥させたもの)を見せても知らん顔。
いつもなら、おねだりの「キス」をしてくるのに・・(もぐができる芸?)

しばらく様子をみていましたが、午前0時頃になっても全く飲まず食わずで
うずくまっています。
これはヤバイ!と思いましたが、どうしていいかわからず、ネットで調べたり
していましたが、人によって書いていることがバラバラで、確かな「目」が
わからず、気は焦るばかりでした。

そのとき、もぐを預かって頂いたことのある、うさぎの保育園の先生に
メールをし助けを求めました。
夜中にも関わらず、的確なお返事を頂き、おそらく胃内うっ滞だろうという
ことでした。動物は、危険を感じたとき、いっきにエネルギーを溜め込もうと
たくさん食べてしまい、それが原因で胃がぱんぱんに腫れてしまう状態に
なるのだそうです。

朝一番で電車で40分ほどの吉祥寺にある動物病院へ連れていきました。
化粧なんてする暇なし、頭の中が真っ白で、ボーダーの服に水玉のタイツという
へんな組み合わせも気にせず、とにかく命が助かるようにと祈る気持ちで駆けつけました。

検査の結果・・・・
うっ滞からくる「腎不全」をおこしかけていたようで、数値が基準値を大きく
上回っていました。よかった・・・。早期発見できて(TT)
その動物病院は、東洋医学も取り入れていて、その日は針治療と点滴をして
いただきました。先生が目の前で説明しながら治療して下さり、飼い主も、もぐも
落ち着いて治療を受けることができたと思います。
もぐも、針が刺さっても大人しくしてくれていました。よくがんばった!!
その日から2日間入院し、5日に退院。
その頃には元気も回復し、いつものやんちゃなもぐに戻っていて生き返った
気持ちがしました。

a0123307_1375145.jpg

今回のうっ滞を経験して、獣医師による食生活の見直しの提案を受けました。
先生によって、意見は色々あると思いますが、私は納得できたので、ただいま
切り替え中。

もぐは牧草が大好きで、食事量が10だとすると、2がペレット、8が牧草でした。
生野菜はおやつ程度にしかあげていませんでした。
牧草生活こそが健康だと思っていたからです。

でも、今は、ペレット1、生野菜5、牧草4に切り替え中です。
牧草は、人間が保存できる飼料として作り出したものです。
野生のうさぎは、生の草を食べていますので、胃腸も水分を含んだ植物を消化
できる仕組みに本来はなっているため、牧草やペレットのように乾燥した食べ物を
消化することは、胃腸にとっては負担がかかっているのだそうです。

確かに、昔は飼いウサギには野菜を中心に与えていたためか、水を別に与えていな
かったという意見をちらほら聞きます。
牧草中心だった頃は、もぐはボトル1本を飲み干してしまうほど水をよく飲みました。

先生が仰るには、ペレットは粒単位の量でもいいくらいだ、というくらい、お野菜を
中心にと提案されています。
朝、夕、5種類くらいの野菜をお茶碗1杯くらいは与えています。
驚くことに、もぐは牧草も好きですが、野菜が大好きになり、ぺロリと平らげて
しまいます。前はあまり食べない子だったので、びっくりです。
ウンチも少し湿り気があるようになったかなぁ。
以前よりひとまわり小さめのうんちをたくさんしてくれます。

もぐの好きな野菜は、ニンジン、キャベツ、大葉、三つ葉、春菊、ブロッコリー、
セロリ、サラダ菜、カブの葉、チンゲン菜など、多数です。
以前はニンジンも嫌いだったんですよ~。

うさぎの食餌については、意見が色々とあり、それぞれの飼い主さんが、大切な
わが子のために、一生懸命ベストな食生活を考えていると思うので、これが正しいとか
正しくないとか、不毛なやりとりは必要ないと思います。

でも、うさぎさんの生態をよく勉強して、体の機能、胃腸のしくみ、草食動物としての
食生活、などなど よく知った上で色々試すのは間違いではないと思っています。
頑なが一番危険かな~??と

もぐさん、今日も元気です。
びっくりするような治療費を体験し、動物の保険にはいるべきか新たな悩みが発生中の
飼い主の横でごろりーんと寝転がってうたた寝したはります。
そんな姿を眺めるのが幸せなんだな~わたしは(^^)
a0123307_1375151.jpg


おまけ(あまりごらんになっているみなさまには必要ないINFOですが)

■うさぎが食べていい野菜
明日葉 エンダイブ オオバ カブ カリフラワー キュウリ グリーンリーフ
京菜 ケール 小松菜 サニーレタス サラダ菜 春菊 セリ セロリ ダイコン葉
チンゲン菜 菜の花 ニンジン(実、葉)パセリ ブロッコリー 水菜 ラディッシュ
三つ葉 など

■あげてもいいけどやや注意が必要な野菜
キャベツ ターサイ トマト ハクサイ モロヘイヤ レタス ハーブ類
ハーブ:イタリアンパセリ、チャービル、バジル、タイムなど

■あげないほうがいいもの
フルーツ 柑橘系ハーブ いも類 穀類 豆類 芽キャベツ ほうれん草

■あげてはいけないもの
アスパラガス ネギ類 ニラ とうもろこし ピーナッツ ピーマン
人間の食べ物(お菓子、チョコなど)

覚書
☆もし、夜中にうっ滞らしき症状になったら
 →救急の動物病院へ連れて行き、すぐに処置をしてもらう。
  何も食べなくても、点滴の中には栄養があるので、強制給餌は絶対しない。
  →この強制給餌で亡くなるケースが多いそうです。
  (もし、救急の先生に指示されても、回復するまでは食べさせないこと)
[PR]
by milprimavera | 2012-03-21 01:33 | mogu