カテゴリ:travel( 4 )
少し前ですが・・・
a0123307_2226326.jpg

(ウミガメを写そうとしている姪)
先月、お盆の少し前に、実家へ帰省してきました。

今回はもぐさんは「うさばか保育園」さんにお泊まりのお留守番
でしたので、帰省時の外出中も安心して楽しむことができました^^

来月3歳になる姪っ子(弟夫婦)も集合しての3日間、かなり凝縮(笑)
こども中心の生活って。。。。うさぎ中心より大変だぁ。

今回のメインは京都水族館。
a0123307_2249335.jpg

まだ新しい京都駅近くのスタイリッシュな水族館で、
海水は人工で作られています。
京都というだけあり、京都の川に生息する淡水魚なども多くいて、
生き物好きな私は隅から隅までくまなく、説明もできるだけ読んで
じーっくり時間をかけて観察したいところ。。。
かなり時間かかりそうです^^;

a0123307_2237964.jpg

ペンギンさん達は暑そうでちょっと可哀想でした。
ペンギンの「行進タイム」があったのですが、西日のきつい午後4時頃に
炎天下を歩かせるのはどうなのかな?

収入がないと運営できない「施設」ですから、仕方がないけど、
やはり「箱」に入っている生き物をみると、複雑になるなぁ。
これは子供の頃から「なんでだろう?」と疑問に思っていたことですが
大人に質問しても
「アフリカとかいけないでしょ?」とか「へえ そんなこと思うの??」とか
変わり者扱いになってしまったので、封印したっけな。

子供達には「当たり前」だと思わずに、本当の姿(自然の)をあわせて
教えていってあげてほしいです。
飼育員さんの愛情を思うと、否定はしてはいけないと思うので。
[PR]
by milprimavera | 2014-09-26 10:12 | travel
初めての長旅
a0123307_18192959.jpg

今日から少し早めの帰省、車で実家へ向かっています。
モグにとっては初めての長旅。
東京から、奈良。。大丈夫かな。

ただいま海老名。
モグは緊張していたけれど、少しずつリラックスしてきました。
暗くなる前に写真を撮ってみました☆
私の膝の上でしっかりケージを抱きしめています。
無事に到着しますように!

a0123307_18193172.jpg

[PR]
by milprimavera | 2011-04-22 18:12 | travel
期間限定のデジブック

前々回の日記で書いた、野尻湖畔での写真をデジブックにしてみました。
なんとまあ、ピンボケのイマイチ写真だらけでお恥ずかしいのですが、
もしよかったら、小鳥のさえずりをBGMに、森の散策をどうぞ~(^^)/
再生ボタンか、「癒しの森」をクリックしていただくと、大きい画面で見ることができます。
[PR]
by milprimavera | 2009-08-02 01:29 | travel
目覚めたら、森の中
a0123307_22512438.jpg

目覚めたら、そこは森。こんな憧れの朝に出逢ってきました。
森、林、山に湖・・・・・静かで空気が澄んでいて、鳥や虫の声がBGMになるような場所。
まさに、そんなところにずっと行きたかったのです。
a0123307_22564960.jpg

野尻湖にひっそりと佇む静かなホテル、EL BOSCO
清家清氏の設計で建てられたそうなのですが、お部屋もシンプルで、全室森の中、
という設定で湖が見えます。センスのよさに、少々設備が古くてもそんなのどうでも
よくなってしまいました。(リニューアルしたお部屋はさらに素敵です)
私がこのホテルにどうしても行きたかったのは、お庭と散策コースがあるから。
英国の園芸家、ポール・スミザー氏が手入れをしているというナチュラル・ガーデンと、
湖面まで続く山の中の散歩道は、まさに癒しでした。散歩の時だけ、雨があがって
くれたんです!そして、今朝はなんと、ポールさんが庭の手入れをしているところを
目撃してしまいました。雨ガッパを着ていてわからなかったのですが、後でホテルの
blogを読んだらご本人だと!!憧れのガーデナーさんなので、ちょっと眺められた
だけでもラッキーでした。
a0123307_23373883.jpg

a0123307_23121743.jpg

ホテル内には、ライブラリースペースがあり、本をお部屋まで持っていってもOK。
どんな本があるのかというと・・・・やはり童話や絵本、洋書が多かったです。
いわさきちひろさんの本もありました。ハリーポッターや、星の王子様、宮沢賢治、
シートン動物記、などなど、本好きなお子様がいらっしゃる方には最適かも(^^)
a0123307_23195713.jpg

そして、ごはん。
ダイニングは、メインレストランひとつのみ。あの、AWkitchenです。
私は小食なほうで、コースは食べきれない場合が多いのでドキドキでしたが、
量も丁度よく、バーニャカウダは葉っぱ一枚残さずペロリ。
現地で採れた新鮮野菜がとても美味しかったです。
帰りには、道の駅で野菜を買い込み、今夜は自宅で食しました。野菜、いいですね。
夫も「肉がなくても生きていけるかなと思う」なんて思いがけない発言を。。。。
何年かに一度の、贅沢な時間を過ごすことができ、心地よい疲労に包まれています。
泣く泣く預けていたモータンと再会したのですが・・・・それはまた次回にでも。
[PR]
by milprimavera | 2009-07-29 23:42 | travel