ありがとうございました。
a0123307_1454104.jpg

秋のうさんぽ。
結局今年は一度だけ近所の公園でしてきました^^

もぐをお迎えしてから来年1月で4年。
先代のハムスターももが亡くなってからも来月のクリスマスで4年。

長いようで早かった4年間。
今回の更新をもって、ブログを終わろうと思います。

もともとは、知り合いにしかURLを伝えていないブログですし、年月が経ち、
もう見てる人もたぶんいないかな〜と思いますし、もし、見に来ている方が
いらっしゃいましたら、本当にありがとうございます。

****

このblogは、ももの可愛い日常をアップするのが楽しくて、続けていました。
ハムスターの動きはちょっと人間にも似ていて、
クスッと笑えるものに溢れ、わたし自身も楽しかったのです。
ハムスターを通じて、大切な生涯のお友達もできましたし、ももには本当に
感謝感謝!

東京に住み、まずは無機質なベランダをバラ園に変えて・・、
そのうち、大好きな動物と暮らしたくなり、犬猫飼育禁止の賃貸なので
小鳥を飼おうと思いましたが、鳴き声の心配があり、あきらめたところ、

たまたま、ハムスターの里親探しをネットで見て、家が近くだったので
1匹いただきました。
それが もも。金色の豆熊のような、キンクマハムスター。
a0123307_153411.jpg

ハムスターを飼うのは初めてだったけれど、こんなに可愛い生き物が
この世にいるんだ??っていうほど可愛い動物でした。

残念ながら、病気になり、2010年のクリスマスに天使になりました。

不思議なことが重なり、うちの子としてやってきたのがうさぎのモグさん。w
うさぎを飼うなんていうことも、みじんも考えたことがなかったのですが、
(うさぎを家の中で飼える時代になっていたことに驚きましたしw)

うさぎを飼ってからは、ファーについて考えさせられましたし、
このとんでもなく手触りのいい「フワフワな毛」は、人の体を温める
ためではなく、人の心を温めるものだと心から思うようになりました。

そんな思いから、実験動物のお話や、ファー反対の記事も書いたり
するようになりました。
その結果、ちょっと堅苦しくなってしまったかな?という気もします。

でも、最後は、わたしらしく、
そして、検索をかけてここにたどり着く方たちのために、
こんな記事で終わりたいと思います。

長い間、本当にありがとうございました。
みなさまがいつも笑顔でいれますように、
天使ももと現役もぐと一緒に願っていますね♩

coharu

a0123307_15175642.jpg

SNSでシェアされていた記事から。
寒さから子供を守るシベリアンハスキーのお母さん。
この後、この親子は毛皮を人間に剥がれました。

剥ぎやすい、という理由で、生きたまま作業をする愛のない儲けの世界。
わたしは何度も言っていますが、残酷な画像をみせつけることは、人の
愛のある心を傷つけてしまうことでもあると思います。

愛が深くて、耐えられる人もたくさんいると思いますが、でもやっぱり
人間だって弱い。可哀想だと思っても、どうしていいかわからない人が
多いのではないかと・・・思います。まして過去に知らずに買ってしまった
リアルファーを持っていれば、やはり罪悪感で辛くなるでしょう。

うさぎや狐だけでなく、犬猫も毛皮になるために、たくさん殺されています。
巷に溢れているファー商品たち。若い人向けのものはかなり安価だったり
します。安いということは、それなりの理由があります。
猫はミンクとして・・・犬はフォックスやラクーンとして・・・
立派な偽装販売に協力するのも「考えない」消費者です。

私もこんな記事を書いていても、実際に知人にストレートには言えません。
自分で気づいて、自分で調べたり、疑問に思わなければ、
すべて「おしつけ」になってしまうから。

何かしらのきっかけで疑問に思った方が、検索をかけ、ここにたどり着いて
くれたら嬉しいです。

真実を知ることも大切、できれば、勇気があれば、動物愛護のサイトで
きちんと知ることもいいかもしれませんが、そこにはむごい映像があったり
します。それよりも、ここに掲載させていただいた、親子の写真をみて
感じることができれば、もうそれで「買わない」という選択肢ができるかも
しれないと思うのです。

最後までおつきあいありがとうございました。

人間も動物も
お互いの優しさ 思いやり 愛情 を交換できる素晴らしい生き物。
愛も思いやりもない世界へ生まれようとしている子たちが1匹もいなく
なりますように。
[PR]
by milprimavera | 2014-11-08 15:52 | others
4歳おめでとう。 >>