鼻血でてます・・・
a0123307_232693.jpg

もも、鼻血がでました。
一昨日、ももはお転婆にアクリルケースがのせてあるローテーブルからフローリングの
床へジャンプ!私に気づかれまいと急いだのか、顔から落ちてしまい、よほど痛かった
のでしょう、しばらくキューキュー鳴いていました。
びっくりした飼い主は、急いでももの歯と舌と鼻をチェック。
血はでておらず、しばらくするとケロっとしていたので、大丈夫かなと思っていました。

翌日、ふとももを見ると、鼻に血が出た後があり、なんとなく腫れている気もしました。
いつもはピンクなのに、ちょっとどす黒い色の鼻まわり(写真右)が気になって
病院へ連れていきました。

先生がチェックしたところ、口腔内も鼻も外傷は見当たらないとのこと。
なーんだ、また飼い主の心配しすぎ病か、めでたし。

そう思ったのも束の間、先生に
「外傷がないのに鼻血が出ているのは、中に原因がある可能性があります。一番
考えられるのは腫瘍です」
と言われてしまいました。

「そういえば、ももの寝床のキッチンペーパーに、時々血のしみがあるんです。
昼間、寝ている時の顔を見ると鼻血が固っている時もあって・・・」

先生は、神妙な顔になって、
「レントゲンを撮ったほうがいいですね。でも、ハムスターは麻酔をかけなければ
レントゲン撮影できないので、つまりリスクが伴いますので、飼い主さんに決めて
頂いています」
と仰いました。

その日は予想外のことでショックを受け、またももが保定され続けて疲れている
ように見えたので、レントゲンはお願いしないで、抗生剤のみ頂いて帰ってきました。

ハムスターの麻酔は、ガスによる麻酔です。マスクができないので、カプセルに
いれて、そこに麻酔をいれ、眠らせます。麻酔の時間はだいたい20分だそうです。
リスクというのは、そのまま麻酔から覚めない可能性もないとはいえない、という
ことだと思います。

悩んでも答えがなかなかでませんが、今週は薬を飲ませて鼻血が完全にとまるのか、
そのまま出続けるのか、を見極めようと思います。

この抗生剤というのが、とても苦いんです。
ももが嫌がるもの、わたしも知っておくべき味!と思い、なめてみました。
に・・・・にがい・・。
ゴーヤーの苦さをひどくしたもののような感じです。
保定してシリンジで強制的に飲ませたら、とびのいてケージに戻り、床に口をこすり
つけて回し車で爆走・・・(→遠くへ逃げているつもり?)
かわいそうなので、ももにとっての高級品、豆腐にまぜてみた。
目を輝かせてとんできたけど、ひとくち食べて、そっぽを向きました。

抗生剤をきっちり飲んでくれないと、血がとまったかどうかわからないのです。
そこで、今日はかぼちゃをチンして、はちみつと抗生剤を混ぜたものをかぼちゃ団子の
中にいれてあげてみました。
a0123307_23502935.jpg

むしゃむしゃ食べていましたが、お薬がはいっている真ん中まできたら、
ぽいっと捨てられてしまいました(TT)
なんだよもう・・・・このくらいがまんしなさい!
病院に電話して、なかなか飲ませられず他の味はないのか聞いてみました。
そして、麻酔なしでのレントゲン撮影をしていただけないかという相談も。。。。
先生を信頼しているので、気を悪くされて誤解されても困るのですが、
麻酔なしで行うこともできると聞いたことがあるのですが、可能なことなのでしょうか・・・
と、意を決して聞きました。(抗生剤の相談は口実みたいですね。苦笑)
できないことはないそうです。
ご希望ならそうしてみてもいいけれど、動くと細部まで鮮明に撮影する事が難しくなる、
とのことでした。暴れん坊のももなので、きっと無理でしょう(TT)
といわけで、心配は続きます・・・。今夜も血痕があり、鼻血は出ているようです。
当の本人は、いやなことばかりする飼い主に恨みの目・・・・(ちょっと怖い)・・・
a0123307_235724.jpg

ももちゃん、飼い主をそんな目で見ないでね。(涙)
[PR]
by milprimavera | 2010-03-15 23:34 | momo
<< ご褒美もらってるよ ねむれねむれ >>